TOP

当サイトについて

全国のプラセンタ注射を打つことができる優良クリニックを紹介するサイトです。プラセンタ注射は、美肌効果を始め、更年期障害や肝機能障害に効果があります。しかしながら、きちんとした治療ができないクリニックや高額な料金を取るクリニックもあります。そういう悪徳な病院の被害にあう方を減らしたいという思いでこのサイトを作ることにしました。そして、素晴らしい効果があるプラセンタ注射をリーズナブルな価格と安心安全の環境で打つことができ、その力が世間に広く広まって頂ければ幸いです。「プラセンタ注射の優良クリニック情報『P-PREMIERE』」がその助力になれるように頑張りたいです。


プラセンタ注射の副作用について

プラセンタ注射の副作用について考えてみたいと思います。プラセンタの注射には皮下と筋肉へ打つ2種類があり、症状によって打ち分けます。プラセンタは人が育つために必要な栄養がたっぷり含まれており、人間が持つ本来の回復力を促進する働きがありますので、過去重大な副作用があるといった報告はほとんどありません。ですが、たまに、発熱や発疹、悪寒などの症状が出ることがあります。その場合はすぐに中止をします。また、静脈への点滴は禁じられています。副作用を起こしてしまうので危険です。即効性が高い点滴は皮下注射の何倍もの効果があるといわれていますが、逆に副作用が起こり危険な状態になったことがあります。血圧の低下、ショック状態や痙攣、呼吸困難、チアノーゼなど。これらは生死にかかわることですので、静脈への点滴はとても危険です。ということで病院では行われていないはずですので、万が一勧められても断るようにしなければなりません。

プラセンタの安全性

プラセンタによる治療法は国に認可されてから、特に大きな副作用によるトラブルは報告されていません。というのも、成分はアミノ酸やビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質、糖質など、一般的な栄養素でできているからです。ただ、注射で行うため、患部が腫れたりすることはありますが、重大な副作用はないといっても過言ではありません。注意したいのは、プラセンタ注射を1回でも受けると、「献血」をすることはできません。プラセンタ注射は、ヒトの胎盤を原料としていますので、感染症のリスクがないとはいえません。万が一、身内に輸血が必要になっても、自分の血を与えることはできなくなりますので注意が必要です(輸血を受けることは可能です)。しかし、プラセンタのサプリメントやドリンク剤などを摂取した場合は問題はありません。献血については注射のみが対象となります。このように副作用や安全性については、正しく使用しないと思わぬ見返りを受けることがありますので注意しましょう。

クリニックで使用されるプラセンタ注射薬について

現在、厚生労働省で認可されている「プラセンタ注射」には2種類あり、「メルスモン」と「ラエンネック」です。これらは、慢性肝疾患や更年期障害の治療のために使われます。それぞれ特徴を紹介すると、「メルスモン」注射は更年期障害の治療に使われ、女性ホルモンの乱れや、本来女性が持っている生理的機能を正常に戻す働きがあります。不妊や月経困難症などを軽くする効果があります。また、副作用の心配はほとんどありません。「ラエンネック」は肝臓機能障害の治療に使われるプラセンタ注射です。肝疾患以外の治療薬以外では、美容のためにも使われます。にきび、肌荒れやシミに効き、美肌効果を発揮します。美容目的の場合は保険適用外となります。どちらのプラセンタ注射も静脈への投与は禁じられています。美容に関しての効果を期待する場合は、1回のみではなかなか感じられず、何回か受ける必要があるといわれていますので金銭的にも負担になってくると思われます。

美肌効果以外に効くプラセンタ注射

プラセンタ注射は、アンチエイジングや美容に非常に効果的だということがわかっています。ですが、美容以外にも効果を期待できるのをご存知ですか?たとえばプラセンタ注射は、抗アレルギー効果があり、アトピーや花粉症などに効くといわれています。花粉症の人しかわからない、このつらさ…。ところが、注射を打つことで体質がガラッと変わったという人がたくさんいるのです。これは試してみる価値がありそう。また、プラセンタは、抗酸化作用もあり、更年期障害にも効果があります。ホルモンバランスが整えられることにより、生理痛や生理不順などにも効きます。そして血流が良くなり、冷え性や肩こりの解消も期待できます。新陳代謝が活発になるからなのでしょう。また、お酒好きの人にも朗報。プラセンタ注射は、肝臓の働きを良くする効果もあるので、二日酔いにも効きます。常用は避けたいところですが…。今ではお手頃に打つことができるようになりましたが、情報は頭に入れて病院を訪ねるようにしてくださいね。

プラセンタはいつ始めるのがいいのか

若返りの効果や更年期障害などいろいろな効果が期待される「プラセンタ」ですが、注射やサプリメントなど、摂取をする方法はいくつかあります。いずれにしろ、プラセンタはいつ始めるのがいいのでしょうか。まだ若いから大丈夫!と思っている人も実は摂った方が良いのでしょうか。結論から言うと、「いつでも良い」ということです。さすがに10代では不要かもしれませんが、お肌に変化が現れる20代後半が適当だと思われます。早ければ早いほど効果は感じやすく、美肌のキープができるでしょう。プラセンタ注射は恐い、という人はサプリメントから始めてみると良いでしょう。注射は美肌対策というよりは、更年期障害など摂取必要な場合はオススメしますが、美容目的の場合はサプリメントや化粧品が良いといえそうです。もちろん、30代、40代、50代で始めても効果は感じられます。肌の機能が衰えてきたな、と感じた時よりも早く始めることが、若々しさを保つ秘訣かもしれません。